殺鼠剤を使ったネズミ退治の問題点

subpage01

家の中に保存している食料品が散らかっている、あるいは動物が食べたような形跡がある、また、室内の様々な箇所に小さな動物の糞が見つかった時にはネズミが家の中に侵入している可能性があります。

家などの建物は、思った以上に隙間が多いもので、ほんの小さな隙間からでもネズミは難なく侵入してきます。
一旦侵入されてしまい、安全な場所であると認識されてしまうと、そのまま家の中に住み着いてしまい、繁殖をして数を増やしてしまいます。


数が増えてしまうと退治をするのも容易ではなくなるので、できるだけ早く対策をとらなければなりません。
ネズミ退治のポピュラーな方法としては、殺鼠剤を用いるという手段があります。

殺鼠剤は一般的な店で市販されており、すぐに使用できるのが利点ですが、デメリットもあることをしっかりと把握しておかなくてはなりません。



小さな子供やペットがいる家庭では、誤って殺鼠剤を食べてしまったりすることがあります。

場合によっては深刻な事態になりかねないので、設置場所には十分に気を付けなければなりません。

あなたのご要望に応じたlivedoorニュースの優良サイトの情報を公開中です。

また、殺鼠剤でうまくネズミを退治できたとしても、そのまま床下や天井裏などで死んでしまうことがあります。人目につかない場所なので、発見が遅れてしまい、虫がわいたり悪臭の原因になるケースも少なくありません。

最近は、殺鼠剤に耐性のある個体も増えてきているので、殺鼠剤を仕掛けてもあまり効果が見られないことも増えてきています。

便利なネズミ退治の方法を知りたい方必見の情報を集めました。

殺鼠剤だけに頼らず、捕獲機や忌避剤などを併用するとより効果を高めることができるのでおすすめです。