ネズミの駆除をして被害を最小限に

subpage01

ネズミがもたらす被害はさまざまなものがあります。

NAVERまとめを知りたいならご活用ください。

食料を食い荒らし、物なども硬いものでも平気でかじるため、住宅などに侵入してきた場合には、できるだけ早めに対処することが必要です。



まずは食料をネズミにかじられないように、しっかりと閉まっておくことや、家電などに関しても、しまえるものは、扉付きの戸棚などにしまっておきましょう。その他にも、あまり床などに物を置かないようにしたり、ビニール袋やティッシュのたぐいや衣類や布切れのたぐいは、ネズミが屋根裏などに自分の住処を作ってしまう材料にされてしまう可能性もあるため、室内などもきちんと掃除して物など散らかしておかないようにすることも大切です。


室内を片付けたら、ネズミが通りそうな場所に市販されている駆除グッズなどを利用して罠などを仕掛けましょう。うまく通り道に仕掛けることで、捕獲することができる可能性があります。


ですが、警戒心が強いため、罠にうまくひっかからない可能性もあります。また、対象が複数の場合には、一匹罠にかかると同じ罠にひっかからなくなることもあるといわれています。


そのため、罠にかからなくなった場合には、別のタイプの罠を仕掛けることも一つの手段として有効です。

カラス退治に対する不安感を取り除くための安心情報満載です。

また、駆除に時間がかかりすぎてしまうと、被害が大きくなることも考えられます。
ある程度費用が高くなるかもしれませんが、自分で対処できない場合には、業者に頼んで駆除をしてもらうことも考えましょう。